NFT wiki - SOYUMN(MOOGIE)
SOYUMN(そゆむん、1981年10月7日 - )は、日本のデザイナー、NFTクリエイター。『SoudanNFT』公式ロゴの製作者でもある。

ちなみにSOYUMNは名字「宗友」soyu+munetomoをもじったもの。

大学では現代アートを学ぶが気づいたらデザイナーに。生まれたときから隠居が人生の目標で海でぼ−っとしているときが至福のひととき。カメラとアルコールがお薬。最近の興味は湯治とDeFi。


公式サイト


Twitter:SOYUMN @MOOGIE
Opensea:MOOGIE

基本情報

生息地


海の近く。

好きな食べ物


イカ、マッシュルーム

作風


特定の作風がないのを作風にしたいと思っている。NFTとして構造的に面白ければテイストは都度変えていくスタイル。

MOOGIE以外にもいろんなプロジェクトを行っていた。MOOGIEをクッションにして良い夢を見たいと思っている。

MOOGIEについて


MOOGIEはフォーマット/器/構造のようなもので、中に入るものはそのときどきの流れ等によって変わる。あらゆる表現を取り込んでしまうため変身するのが好き、という設定にしている。なおMOOGIEの好物が寿司なのは単なる思いつきと中の人が寿司を好むため。

MOOGIEの名は「麦(むぎ)」から。麦のように「そのものは普段意識しないけれど、実は日々親しんでいるもの」という意味合いにしたかったため命名。

MOOGIEの表現は特定のメディアや手法に限定しないようにしている。絵画的手法や写真、プロダクト、文字、インスタレーションのような形での展開を考え中。

何にでもなるのがMOOGIEで、逆にそれ以上でもそれ以下でもないのがMOOGIE。一見かわいらしいキャラクターのようで時には恐ろしいものにも見えるようなものにしたいと思っている。

MOOGIEははじめ動物モチーフから考えたがなるべく人を選ばないようにするため架空の生き物に。何十点もラフを描いて眺めた結果今のベースの形ができる。当初MOOGIEは口があり、もっとデコラティブだったが削ぎ落としていった結果、目と手と足だけが残った。他のNFTキャラと比較されるがNFTバブル前から作っていたデザインなのであしからず。

余談


余談1

余談2

余談3


ロードマップ