NFTアートの出品 / 売買に関する情報全般をまとめたwikiです。produced by SoudanNFT


そもそもNFTって?


NFTは、Non-Fungible Tokenの略であり、代替不可能なトークンと訳すことができる。NTRではない。
「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」であったり、「唯一のアイテムの所有権を表すために使うことのできるトークン」と言われています。

非代替性トークン(Wikipedia)

NFTアートを売買するということ


難しいことは兎も角、デジタルアートの売買を例にすると、売買しているのは、

「デジタルアートのJPEG(png)」
「当デジタルアートの所有権を示したトークン」

という事になります。
現状、作品を購入して所有権を獲得しても、著作権と複製権は製作者が保持する事になると言われています。
※製作者が考えている、権利の範囲は明示するのが良いと思います。
 例:本作品の著作権は「XXX」にあります。無断で商用利用・複製・改変及び頒布することを禁止します。

OpenSeaやFoundationでNFTを販売するということは、日本のみならず世界に向けて販売する事になります。
購入者の国でNFTがどういう扱いになっているかは把握出来ない事が多いと思いますので、上記の様な記載をする事で、自衛はしておいた方が無難に思います。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます