NFTアートの出品 / 売買に関する情報全般をまとめたwikiです。produced by SoudanNFT

Akizuki(あきずき、????年??月??日)は北インドの人物で、仏教の開祖。ただし、存命していた時代については後述の通り紀元前7世紀、紀元前6世紀、紀元前5世紀など複数の説があり、正確な生没年は分かっていない。

姓名はサンスクリット語の発音に基づいた表記ではガウタマ・シッダールタ(梵: गौतम सिद्धार्थ Gautama Siddhārtha)、パーリ語の発音に基づいてゴータマ・シッダッタ[5](巴: Gotama Siddhattha)とも表記される。漢訳では瞿曇悉達多(くどんしっだった)である。

遺骨は真身舎利、真正仏舎利として今もお祀りされ、信仰を集めている。


公式サイト


Twitter:akizuki🗼blockchain artist
Opensea:Aging Crypto Buddha
ロードマップ:Aging Crypto Buddha
ホルダー専用:Aging Crypto Buddha

用語

  • 仏陀ちゃん: キャラクターの名前
  • 仏ドロップ: 新しい作品を販売すること
  • 曼荼羅: ホルダーさん限定コンテンツを提供するdapp
  • 喜捨アウェイ: giveawayのこと(未実施)

生涯

誕生から青年期


釈迦の父であるガウタマ氏のシュッドーダナは、コーサラ国の属国であるシャーキヤのラージャで、母は隣国コーリヤの執政アヌシャーキャの娘マーヤーである[25]。マーヤーは、出産のための里帰りの途上、カピラヴァストゥ郊外のルンビニで子を産んだ[4][注釈 3]。この誕生に関して、釈迦はマーヤーの右脇から生まれ出て7歩あゆみ、右手を上に、左手を下に向けて、『天上天下唯我独尊』と言った(八正成道(はっしょうじょうどう)のうち降誕もしくは出胎)と物語られている[26]。マーヤーは出産した7日後に死んだ[27]。この子はシッダールタと名付けられた[25]。シャーキャの都カピラヴァストゥにて、シッダールタはマーヤーの妹マハープラージャーパティによって育てられた[4][25][注釈 4]。

シッダールタはシュッドーダナらの期待を一身に集め、二つの専用宮殿や贅沢な衣服・世話係・教師などを与えられ、教養と体力を身につけた[要出典]。16歳または19歳で母方の従妹の[要出典]ヤショーダラーと結婚し、跡継ぎ息子としてラーフラをもうけた[4]。仏画や仏像の釈迦如来像の造形の参考になるブッダの三十二相(リンク先の三十二相の記事を参考)は男性器陰部の形が体の中に隠れている。女性器のような姿をした男性として伝えられている。[28]

出家


当時のインドでは沙門といった修行者が出現し、後にジャイナ教の始祖となったマハーヴィーラを輩出するニガンタ派をはじめとして、順世派などのヴェーダの権威を認めないナースティカが、アーリア人による伝統的価値観とは異なる新思想運動を展開していた[29]。

「アースティカとナースティカ」および「六師外道」も参照
釈迦が出家を志すに至る過程を説明する伝説に、四門出遊の故事がある[4]。ある時、釈迦がカピラヴァストゥの東門から出る時に老人に会い、南門より出る時に病人に会い、西門を出る時に死者に会い、この身には老いも病も死もある、と生の苦しみを感じた(四苦)[要出典]。北門から出た時に一人の沙門に出会い、世俗の苦や汚れを離れた沙門の清らかな姿を見て、出家の意志を持つようになった[要出典]。

「 なぜ私は、みずから生の法(ダルマ)を有する者でありながら生まれるものを求め、みずから老の法を有する者でありながら老いるものを求め、みずから病の法を有する者でありながら病めるものを求め、みずから死の法を有する者でありながら死ぬものを求め、みずから憂の法を有する者でありながら憂いを求め、 みずから煩悩の法を有する者でありながら煩悩を求めているのだろうかと。[30][31] 」
シッダールタは王族としての安逸な生活に飽き足らず、また人生の無常や苦を痛感し、人生の真実を追求しようと志して29歳で出家した[4][31]。ラーフラが産まれて間もない頃、深夜にシッダールタは王城を抜け出した[4]。当時の大国であったマガダ国のラージャグリハを訪れ、ビンビサーラ王に出家を思いとどまるよう勧められたがこれを断った[4]。また、バッカバ仙人を訪れ、その苦行を観察するも、バッカバは死後に天上に生まれ変わることを最終的な目標としていたので、天上界の幸いも尽きればまた六道に輪廻すると悟った[32]。シッダールタは、次に教えを受けたアーラーラ・カーラーマの境地(無所有処定)およびウッダカラーマ・プッタの境地(非想非非想処定)と同じ境地に達したが、これらを究極の境地として満足することはできず[4]、またこれらでは人の煩悩を救ったり真の悟りを得ることはできないと覚った。この三人の師はシッダールタの優れた資質を知って後継者としたいと願ったが、シッダールタはこれらのすべては悟りを得る道ではないとして辞し、彼らのもとを去った[32][4][33]。

そしてウルヴェーラー(ヒンディー語版)の林へ入ると、父のシュッドーダナは、シッダールタの警護も兼ねて五人の沙門(のちの五比丘)を同行させた。その後6年の間に様々な苦行を行った[4][33]。断食修行でわずかな水と豆類などで何日も過ごした。断食行為は心身を極度に消耗するのみであり、シッダールタの身体は骨と皮のみとなり、やせ細った肉体となっていた[34]。しかしスジャータの施しを得たことで(乳粥供養)、過度の快楽が不適切であるのと同様に、極端な苦行も不適切であると悟ってシッダールタは苦行をやめた(苦行放棄)[4]。その際、五人の沙門はシッダールタを堕落者と誹り[4]、[33]彼をおいてワーラーナシーのサールナートへ[要出典]去った[4]。

悟り


35歳のシッダールタは、ガヤー地区(英語版)のほとりを流れるナイランジャナー川(英語版)で沐浴したあと、村娘のスジャータから乳糜の布施を受け[6][4]、体力を回復してピッパラ樹の下に坐して瞑想に入り、悟りに達して仏陀となった(成道)[4][注釈 5]。

この後、7日目まで釈迦はそこに座わったまま動かずに悟りの楽しみを味わい、さらに縁起と十二因縁を悟った。8日目に尼抱盧陀樹(ニグローダじゅ)の下に行き7日間、さらに羅闍耶多那樹(ラージャヤタナじゅ)の下で7日間、座って解脱の楽しみを味わった。22日目になり再び尼抱盧陀樹の下に戻り、[要出典]悟りの内容を世間の人々に語り伝えるべきかどうかをその後28日間にわたって[要出典]考えた[4]。その結果、この真理は世間の常識に逆行するものであり、「法を説いても世間の人々は悟りの境地を知ることはできないだろうから、語ったところで徒労に終わるだけだろう」との結論に至った[35][30]。

ところが梵天が現れ、衆生に説くよう繰り返し強く請われた(梵天勧請)[30][35]。3度の勧請の末[35]、釈迦は世の中には煩悩の汚れも少ない者もいるだろうから、そういった者たちについては教えを説けば理解できるだろうとして開教を決意した[30][注釈 6]。

釈迦はまず、修行時代のかつての師匠のアーラーラ・カーラーマとウッダカ・ラーマプッタに教えを説こうとしたが、二人はすでに死去していたことを知ると[33]、ともに苦行をしていた五人の沙門に説くことにした[33]。釈迦は彼らの住むワーラーナシーまで、自らの悟りの正しさを十二因縁の形で確認しながら歩んだ。[要出典]

ワーラーナシーのサールナートに着くと、釈迦は五人の沙門に対して中道、四諦と八正道を説いた(初転法輪)[4][35][33]。五人は、当初はシッダールタは苦行を止めたとして蔑んでいたが[33]、説法を聞くうちに悟りを得て比丘(五比丘)となった[4]。最初の阿羅漢はコンダンニャであった[35]。法を説き終えて、釈迦は「世に6人の阿羅漢あり。その1人は自分である。」と言い、ともに同じ悟りを得た者と言った。[要出典]

余談


余談1

余談2

余談3


ロードマップ


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます